法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

お悩み解決プラン

事件別の弁護プラン

お金に関する事件

暴力に関する事件

薬物に関する事件

交通に関する事件

性風俗に関する事件

刑事事件手続き Q&A

よくある質問 Q&A

--------------

お悩み解決プラン<将来の家宅捜索や取り調べなどの捜査に対応する。>

このページはこのような方を対象としています。

  • 西鉄大牟田線の大橋駅で盗撮をしたのが見つかって、福岡市南区塩原の南警察署で取り調べを受けました。実は、家のパソコンには、今まで盗撮した画像が何十枚も入っています。今後の捜査が不安です。
  • 福岡市営地下鉄空港線の中州川端駅近くの飲み屋で、隣の席の人と喧嘩になりました。福岡市博多区石城町の博多臨港警察署で取調べを受けましたが、相手の言い分ばかり聞いているようで、私の話を信じてくれません。このまま一方的に逮捕されないか不安です。
  • JR鹿児島本線の戸畑駅で痴漢をして、北九州市戸畑区汐井町の戸畑警察署に逮捕されました。その日はすぐに変えることができましたが、また連絡すると言われています。これからどのように対応したらいいかわからず不安です。

将来の家宅捜索や取り調べなどの捜査に対応する。

警察から呼び出された・家宅捜索がきた → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、今後の捜査に備えて、事件に対応することができます。

以前、ご依頼者様から「最初は別の法律事務所に相談に行ったが、『事件になってからもう一度相談に来てください。』と追い返された。事件になるか不安だから相談しているのに、こちらの気持ちが分かっていない。」という話を聞いたことがあります。

この点、アトム法律事務所なら、将来の捜査に備えて、逮捕前の事件や釈放後の事件でも柔軟に対応することができます。逮捕前に弁護士を選任し、被害者と示談を締結したことで、逮捕を避けられる事件というものもあります。

また、逮捕前の段階で弁護士を選任しておくことで、不当な逮捕や家宅捜索を阻止し、過当な捜査をけん制することができます。警察から呼び出しがあった場合は、事前に事件の内容を十分に把握している弁護士に相談し、取り調べに臨んでください。

将来起こり得る捜査に対応する具体的な弁護活動
  • ① 事前に事件の内容を把握し、将来の捜査に備える。
    事件が起こってから警察が動くまでにはタイムラグがあります。このタイムラグの間に、弁護士が事件の内容を十分に把握できれば、将来の捜査に柔軟に対応することができます。逮捕はもちろん、取り調べの呼び出しも突然の場合が多いです。急な捜査にあわてないためには、事前に必要な準備をしておく必要があります。
  • ② 事前に事件の証拠を収集し、将来の裁判に備える。
    警察が捜査に着手しても、直ちに逮捕される訳ではありません。もっとも、一度警察に逮捕されてしまうと、しばらくは自由に動けなくなります。そこで、自由に動ける間に、ご依頼者様に有利な証拠は弁護士に手渡し、刑事裁判で使えるように記録化しておくことが有効な場合があります。また、この間に関係者から事情聴取し、弁護側で事件に関する供述書を作成し、証拠化してしまう場合もあります。
  • ③ 刑事事件になる前に、相手方と示談を締結して解決する。
    被害が受理されてから警察が動くまでにはタイムラグがあります。事件直後は憤慨し、警察に被害届を出した相手でも、数日で気が変わることも少なくありません。被害届をそのまま放置しておけば、警察は捜査に着手し、逮捕などの強制捜査に踏み切り可能性があります。これを避けるには、弁護士を通じて相手方と示談を締結し、警察にその旨を説明して、事件の解決を理解してもらう必要があります。

弁護士を付けて事前対応するメリットは。

突然の捜査に柔軟に対応できるという点に尽きます。急に警察が逮捕しに来ても、事前に手はずが整っていれば、特に混乱することはありません。取り調べに対しても、事前に弁護士に相談して整理しておいたことを、冷静に話すことができます。また、ペットの世話や親族を介護している人は、事前の弁護士を付けておくことで、捜査の不安から解放されます。不当な逮捕や呼び出しがあった場合の抗議も、弁護士を通じてスピーディーに行うことができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。